エンジンオイル交換の役割

車検のコバック 新津店 五泉店 安田インター店を運営しているタカラ自動車です。

エンジンオイルは一般的に5,000kmまたは半年くらいで交換を推奨されています。

エンジンオイルの役割についてご説明いたします。

エンジンオイルはエンジン内で5つの役割をしています。

①潤滑作用 エンジン内部の金属部品を滑らかに動かし、摩耗などをしないように潤滑しています。

②密封作用 エンジン内部の隙間を塞ぐことで密封する作用をしています。

③冷却作用 エンジン内部の熱を吸収してエンジンの冷却をしています。

④正常作用 エンジン内に発生する汚れなどを吸着、分散させる作用をしています。

⑤防錆作用 エンジン内部の金属部品に錆を発生させない防錆作用をしています。

エンジンオイルは5,000Km走行ごと、または半年毎の交換が推奨されています。
エンジンオイルの交換を怠るとエンジン内部に汚れがたまり、エンジンに故障の恐れがあります。最悪の場合、エンジンオーバーホールや、エンジン載せ替えなど多額の費用がかかることもあるため、定期的な交換をオススメします。

車検のコバック 新津店 五泉店 安田インター店では軽自動車のオイル交換が一台980円。軽自動車が仮に3リットル使うとして市場価格1リットル800円くらいなので2400円だとすると、結構お安くオイル交換が可能です。ご利用お待ちしております。

閉じる